杭打ち改ざんより危険?構造スリット問題とは…地震で倒壊も

地震で倒壊の恐れもある【構造スリット問題】


旭化成建材の杭打ちデータ流用の問題も収まっていない中、今度は【構造スリット問題】というものが浮上してきました。
この【構造スリット問題】とはどんな影響があるのでしょうか?
構造スリットの重要性を考えてみます。

スポンサードリンク









構造スリットとは


構造スリットとは耐震のために設けられた構造です。
阪神淡路大震災で多くの建物が倒壊しました。
原因の多くに建物の主となる柱が揺れによる周りからの力で破壊されたというものがありました。

このような建物の倒壊を防ぐために、震災以降に建てられたマンションの大半の物件では『構造スリット』が設けられています。

建物では柱と壁が一体になっていると地震の揺れの力が柱に集中してしまい、建物を支える柱が損傷を受けるリスクがあります。
構造スリットは主となる柱と壁との間に隙間(スリット)を設けることで、地震の揺れが壁から柱に伝わることを緩和する構造です。

今回問題になっている【構造スリット問題】では、この構造スリットが正しく設けられておらず、大きな地震が発生した際に揺れが直接柱に伝わる危険性があります。

旭化成建材の杭打ちデータ改ざん・流用問題では、横浜の傾いたマンション以外の現在調査が済んだ物件では「安全上問題はない」とされていますが、今回の【構造スリット問題】は正しく施工がされていないと完全に「安全上問題があります」。

マンションの外壁などの継ぎ目をコーキング剤やスポンジ素材などで埋めている箇所が構造スリットとなっています。
設計上そこが構造スリットとなっている場合は、鉄の棒を差し込むと中が空洞になっているはずなのですが、構造スリットが正しく施工されていない場合は壁や柱に当たってしまいます。

実際にこのような物件が発見され始めてきています。

ではなぜ構造スリットがちゃんと施工されていない物件が発生するのでしょうか?


構造スリットが作られていない原因



スポンサードリンク









厳密に言うと構造スリットが作られていないものよりも、正しく作られていな場合が多いようです。
建築する時に構造スリット材を下から設置し、柱や壁に上からコンクリートを流し込みます。
その際、柱と壁のコンクリートを同じ高さに均等に入れていかなければ、一方からの圧力でスリット材がずれてしまいます。
ずれることで柱や壁にスリット材が入り込んだままコンクリートが固まると、逆にその部分のコンクリートが弱くなります。

この作業は丁寧に実施しなければうまくいかない作業なんですが、その分時間がかかる作業です。
この時間のかかる作業であることが今回の問題を引き起こしています。

旭化成建材の杭打ちデータ流用の原因にもなっていた『工期に間に合わせるため』というのがここでも原因になっています。

この構造スリットの施工はどうしても時間がかかってしまうので、作業がおおざっぱになることが多く正しく施工されていない物件が多々ある可能性があります。

問題の本質は、工期が無理に近いものを建設業者がわかっていても言えないこと、また管理する立場の人間が見て見ぬ振りをしてきたところにあります。


構造スリット問題が起きている物件


実際に構造スリットの施工不良で問題になっている物件があります。

img_mansion_catalog.jpg

北海道札幌市清田区にある55世帯が住む分譲マンション「グランアビテ福住」
このマンションでは早くからこの構造スリット問題に気づき、住民が6年前から施工会社の三井住友建設などに訴えを起こしていますが、現在も裁判が続いています。


筆者のコメント

次々に建設業界の不祥事が明るみになってきていますが、根本的な原因は無理な工期にあることが多いようです。
杭打ちデータ改ざん・流用でもそうでしたが、実際に工事をする担当者自身のモラルの問題よりも組織として見て見ぬ振りをしてきた代償です。
建設業界に関わらずこのようなことは大小様々だとは思いますが、いろいろな会社組織でもあることだと思います。
このようなことを防ぐには経営陣が本気になって、『見て見ぬ振りをしている部分』の改善に力を入れないといつまでたっても無くならないでしょう。
そして今回の一連の問題は海外からも日本の建設業界の不信として悪いイメージがつくことでしょう。

旭化成建材に関連する記事はこちら


この記事へのコメント